『寄生獣』東京国際映画祭クロージング作品に決定!オープニングは『ベイマックス』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『寄生獣』(上)、『ベイマックス』(下)より - (C) 映画『寄生獣』製作委員会 (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 岩明均の大ヒット漫画を2部作で実写化する映画『寄生獣』が、第27回東京国際映画祭のクロージング作品として世界最速上映されることが決定した。また、オープニング作品にはディズニーの最新作『ベイマックス』が選ばれ、ディズニー・アニメーション史上初めて日本でワールドプレミアが行われることがわかった。

ついに公開!映画『寄生獣』予告編

 『寄生獣』は、高校生・泉新一(染谷将太)と彼の右手に寄生したパラサイト“ミギー”の奇妙な友情と戦いの物語。メガホンを取った山崎貴監督は、「『寄生獣』という作品は“種としての人間”がいかに生きるべきかということを考える入り口になりうる作品だと思います」と同作への思いを明かし、「たくさんの問題を抱えた現代という時代、このような大きな映画祭のクロージングにこの作品を選んでもらえた意義は大きいと思います」と喜びを語った。

[PR]

 一方、オープニング作品の『ベイマックス』は、サンフランシスコと東京をミックスした架空の未来都市サンフランソーキョーを舞台に、最愛の兄を謎の事故で亡くした天才少年ヒロと、人の心と体を守り癒やすために作られたケアロボットのベイマックスが繰り広げる感動アドベンチャー。

 今回の決定にはドン・ホールクリス・ウィリアムズ監督も「東京国際映画祭にて、『ベイマックス』のワールドプレミアが行われることに本当にワクワクしています。それも、オープニング作品に選ばれて、大変光栄に思います。わたしたちに深いインスピレーションを与えてくれた東京にて、この映画が上映されることをとても楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 今年の東京国際映画祭は六本木をメイン会場としながら、新たにTOHOシネマズ日本橋や歌舞伎座にもエリアを拡大。日本が誇るアニメーションにより注力していくという。(編集部・中山雄一朗)

第27回東京国際映画祭は10月23日から31日まで開催
映画『寄生獣』は11月29日より全国公開
映画『ベイマックス』は12月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]