『バットマン v スーパーマン』の脚本家、『ジャスティス・リーグ』の脚本を担当か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オスカー受賞脚本家クリス・テリオ - Jennifer Graylock / FilmMagic / Getty Images

 ベン・アフレック監督の映画『アルゴ』でアカデミー賞脚色賞を受賞、映画『バットマン v スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス(原題) / Batman v Superman: Dawn of Justice』の脚本家にも抜てきされたクリス・テリオが、DCコミックスのスーパーヒーローが結集する映画『ジャスティス・リーグ(原題) / Justice League』の脚本も手掛けることになるかもしれないと、Deadline.comが伝えた。

クリス・テリオのオスカー獲得作!映画『アルゴ』フォトギャラリー

 映画『マン・オブ・スティール』のザック・スナイダーがメガホンを取る本作は、『バットマン v スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス(原題)』を継ぐ形の作品になる予定で、ベン・アフレックのバットマン、ヘンリー・カヴィルのスーパーマン、ガル・ガドットのワンダーウーマンの出演はすでに確定している。

 『バットマン v スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス(原題)』は2016年5月6日予定、『ジャスティス・リーグ(原題)』の公開時期は、現時点では未定だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]