浅野忠信『ルパン』銭形役、最初は無理かと…オファーは「大きなチャレンジ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
とっつぁん役への思いを語った浅野忠信

 俳優の浅野忠信が4日、有楽町の東京国際フォーラムで行われた映画『ルパン三世』のワールドプレミアに出席し、同作で演じる銭形警部への起用について「大きなチャレンジ」と笑顔で語った。この日のイベントには、小栗旬黒木メイサ玉山鉄二綾野剛ジェリー・イェンキム・ジュン北村龍平監督も来場した。

実写版『ルパン』キャストが集結!フォトギャラリー

 アニメでも絶大な人気を誇るモンキー・パンチのコミックを実写化した本作。発表時から、そのキャスティングが大きな反響を巻き起こしていた。そしてこの日、銭形警部役の浅野が「何が大きなチャレンジかって、銭形のとっつぁんの役を僕にやらせるということ」と切り出すと会場は大爆笑。

[PR]

 さらに「僕もルパンのファンでしたから、誰がどの役をやるんだろうとうわさ話をしていたんです。友達から『お前だったらひげも生えているし、次元だろう』と言われて。『そうだよね、着物を着たら五ェ門もいけるよね』なんて話をしていたら、まさかのとっつぁんのオファー。最初は無理だと思いましたけど、チャレンジするしかなかったですね」とちゃめっ気たっぷりに振り返った。

 またこの日は、本作をプロデュースした山本又一朗も来場。「(企画に名を連ねる)KADOKAWAの池田宏之さんからこの作品のオファーを受けたとき、どれだけ多くの人を失望させるのかと思い、恐怖でした。でも池田さんからぎょうざやお酒に誘われ、説得されていくうちに、CGIの進歩もあって、この映画を作るのは可能になったのではないかと思うようになりました」と述懐。

 一方、「もともと僕もネットでルパンを映画化するということは知っていました」という北村監督は、「やめておけばいいのに」と思っていたと告白。「でも山本プロデューサーから電話をもらって、小栗旬がルパンをやる覚悟をしていると聞いて。自分もその十字架を持とうと思いました」と語り、「この映画は大丈夫だろうかと思っている人もいると思いますが、大丈夫です。映画人の誇りを持って作りました。これはワンツーパンチのジャブです。ここから2、3、4、5と(続編も)作っていきたいなと思っています」と自信をのぞかせていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ルパン三世』は8月30日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]