ミーガン・フォックス、全米No.1作品『ミュータント・タートルズ』への思いを明かす!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自らアピールしてこの役を勝ち取ったの! - ミーガン・フォックス

 映画『トランスフォーマー』シリーズで人気を博したミーガン・フォックスが、新作『ミュータント・タートルズ』について語った。

キモかっこいい!? ミーガン・フォックス出演映画『ミュータント・タートルズ』予告編

 本作は、犯罪を未然に防ぐ謎の自警団を追跡していたレポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)が、その自警団が過去に彼女の父親とパートナーのエリック(ウィル・フィクトナー)のもとで作られた4人のカメの忍者であることを知り、彼らと共に、ニューヨークを崩壊させようともくろむ暗黒組織フット団を率いるシュレッダー(トオル・マサムネ)と対決するというアクション大作。『タイタンの逆襲』のジョナサン・リーベスマンがメガホンを取った。

[PR]

 出演経緯について「1990年代の子供のころにヴァニラ・アイスを聴き、彼がファンだったテレビアニメ『ミュータント・タートルズ』の影響で、映画版の3部作を鑑賞しながら育ったの。それらはとても面白く、わたしにとって大事な作品になった。だから、自らアピールしてこの役を勝ち取ったの」と説明したミーガン。「そんな作品だから、今作が2014年夏のベスト作品になると信じているわ」と語った通り、本作は全米ボックスオフィスランキングで初登場1位を記録した。

 「タートルズは本当に才能ある4人の俳優が演じていたわ。彼らはモーションキャプチャーのスーツを着て、ヘルメットをかぶり、撮影用のカメラが目の前に設置され、フラットなシューズを履いていた。だから、編集以前の彼らはとてもばかばかしい格好だった」と笑いながら明かしたが、「彼らの方がわたしよりはるかに大変で、わたしは彼らに合わせて演じるだけだった」とタートルズ役の俳優陣の映画への貢献もきちんと称賛。そうして仕上がったタートルズの映像は確かにリアリティーにあふれている。

 ニューヨークでの撮影で気に入ったシーンは「屋上でシュレッダーと対決するシーンでニューヨークの全景が見えるところ」で、映画内で個人的に気に入っているシーンは「タートルズがシュレッダーと戦う前にエレベーターに乗って、ラップのパフォーマンスをしているシーンね!」とのこと。プロデューサーのマイケル・ベイに対しては「わたしたち(スタッフや俳優)を安心させてくれる」と絶大な信頼を寄せているようだった。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『ミュータント・タートルズ』は12月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]