スコセッシ、パンクバンド・ラモーンズの伝記映画を監督!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
2016年のデビュー40周年記念!伝説のパンクバンド、ラモーンズの伝記映画を製作 - マーティン・スコセッシ監督 - Evening Standard / Getty Images

 映画『タクシードライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などでおなじみのマーティン・スコセッシ監督が、伝説のパンクバンド、ラモーンズを描いた伝記映画を製作しようとしていることがわかった。Wrapなどが報じた。

マーティン・スコセッシ監督映画『タクシードライバー』フォトギャラリー

 ラモーンズの遺産を管理するジェフリー・ジャンポルは、バンドがデビューを果たした1976年から、40周年記念となる2016年に向けて、多くのイベントを企画しているという。

[PR]

 スコセッシ監督は、故・遠藤周作さんの小説「沈黙」を映画化する『サイレンス(原題) / Silence』の製作が控えているため、本プロジェクトは、その後になるだろうと報じられている。なお、脚本家や製作時期などは明らかになっていない。

 ラモーンズは、1970年代後半のロンドン・パンク・ムーブメントに大きな影響を与えたアメリカのパンクバンド。今年7月に、オリジナルメンバーとして唯一の存命メンバーだったドラマー、トミー・ラモーンさんが亡くなっている。(下瀬廣洋)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]