カンバーバッチ、早くも今年のオスカー有力候補か

第39回トロント国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オスカー初ノミネートなるか?

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画『ジ・イミテーション・ゲーム(原題) / The Imitation Game』が第39回トロント国際映画祭で上映され、さっそく主演のカンバーバッチがオスカーにノミネートされるのでは、といううわさが立ち始めている。

 今作で彼は、実在のイギリス人、アラン・チューリングを演じている。チューリングは、第二次世界大戦時にドイツの暗号を解読し、イギリスを勝利に導いた天才数学者。英雄であることは間違いないのだが、彼がホモセクシャルだったために、ほとんどの教科書には明記されておらず、一般的にはあまり知られていないのだ。今回の役について質問されたカンバーバッチは、「こんな素晴らしいヒーローがゲイだからという理由で紹介されていないことに怒りを覚えた」と答えていた。

 トロントで行われた記者会見においては、シャーロック・ホームズにスティーヴン・ホーキング、ジュリアン・アサンジ、そして今回のチューリングとなぜ天才ばかりを演じるのか? という質問があり、「うーんと、それは監督や友達に聞いてほしい。もちろんすごくうれしいし、僕はそういう役を演じられてラッキーだと思っているんだ。実はその質問をいつもされるから、もう答えるのにも疲れているんだけど」と苦笑した。

[PR]

 作品が良いばかりか、カンバーバッチの演技が素晴らしく、ニューヨークポスト紙をはじめ、各メディアはカンバーバッチがオスカーにノミネートされるのではと書き立てている。実際、トロント映画祭は、オスカーの前哨戦が始まる場所として知られており、その可能性はなきにしもあらずだ。

 一般客のためのプレミア上映で行われたQ&Aは、「あなたのおいしさを味わわせてください」とお願いするファンが出るほどの熱気。カンバーバッチは丁重にお断りしていたが、今年はさらなるカンバーバッチ旋風が吹き荒れるかもしれない。(取材・文:中村明美)

第39回トロント国際映画祭は14日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]