ビヨンセに4歳の異母妹!DNA検査で父親はマシュー・ノウルズと確定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
DNA検査でマシュー・ノウルズが父親であることが判明 - ビヨンセ

 ビヨンセの父親マシュー・ノウルズがテキサス州ヒューストン在住の元ランジェリーモデルから子供を認知するよう提訴された件で、DNA検査が行われ、マシューが父親であることが判明したという。

 TMZ.comが入手した検査結果によると、マシューが父親である確率は99.998%とのこと。現在、不動産仲介業を営んでいる母親のタコーヤ・ブランスコムは、今後マシューに養育費の支払いを求める予定だという。BuzzFeedによると子供は女の子で、4歳だという。

 マシューは2010年にも息子ニクソンの認知を求められ、月1万2,000ドル(約120万円)の養育費を支払うよう裁判官から言い渡されている。しかし、2011年にビヨンセのマネージャーを解雇された彼の年収は300万ドル(約3億円)から激減したため、養育費は後に月2,485ドル(約25万円)に減額されている。2013年の彼の年収は12万7,000ドル(約1,270万円)だったそうだ。(1ドル100円計算)

 マシューがニクソンを認知したことで、結婚して約30年になる妻ティナとの結婚は破たんし、離婚に至っている。今年6月に元モデルのジーナ・シャーメイン・エイヴリーと再婚をしているが、娘のビヨンセもソランジュ・ノウルズも式に出席はしていない。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]