何度もセリフを忘れたリンジー・ローハンに観客苦笑

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
何度もセリフを忘れたリンジー・ローハン - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 ハリウッドを風刺的に描いたデヴィッド・マメットの舞台「スピード・ザ・プラウ(原題) / Speed the Plow」でウエストエンド・デビューを果たしたリンジー・ローハンだが、何度もセリフを忘れ、観客から笑いが起きたという。

リンジー・ローハン出演映画『ミーン・ガールズ』フォトギャラリー

 「プレビュー初日には未完成さは感じられるものだ。しかし、『スピード・ザ・プラウ(原題)』の第2幕の中ごろになると、マメットのトレードマークとなっているシャープなセリフにリンジーがついていけていないことに観客は苦笑していた」とThe Daily Beastは評している。

[PR]

 リンジーが最初にセリフを忘れた後、観客は静かに見守っていたというが、2度目でクスクス笑いが起き始めたとのこと。皮肉にも共演者のリチャード・シフの次のセリフが「よくやった! 素晴らしい出来だった」というものだったため、観客の笑いは大きくなったという。

 リンジーは長い間演技から離れていたため、開幕前から第2幕が心配だとコメント。「この舞台の前は旅行をしていたのよね。戻ってきて台本を見てやばいと思った。第2幕はしゃべりっぱなしなんだもの」と不安を述べていたが、覚え始めるとクールで気分がいいとも言っていた。

 「スピード・ザ・プラウ(原題)」は11月29日まで上演される予定。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]