太田光、ジブリ高畑勲は「暴君」で宮崎駿は「気持ち悪い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジブリ鈴木敏夫プロデューサーから“特命コピーライター”に任命された太田光

 爆笑問題太田光スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーが17日、高畑勲監督作『かぐや姫の物語』DVD&ブルーレイ発売記念イベントに登場した。高畑作品が大好きだという太田は、ジブリのもう一人の巨匠である宮崎駿監督を引き合いに出して、「宮崎駿が嫌いなんですよ。何か気持ち悪い」と衝撃発言で爆笑をさらった。

映画『かぐや姫の物語』場面写真

 『かぐや姫の物語』DVD&ブルーレイ発売を記念し、鈴木プロデューサーから“特命コピーライター”に任命された太田。「1行いくらくらいなんですか?」とおどけて見せるが内心穏やかではないようで、「ジブリは暴力団以上の圧力がある。『太田がジブリを汚しやがって』ってアニメオタクとか言いそう」とぼやきながら公開会議を始めた。

[PR]

 本作にはすでに「姫の犯した罪と罰」というコピーがついているが、高畑監督は納得していなかったのだとか。それだけ難しいコピーに初挑戦かつ考える時間が1時間しか用意されていないということで、「一言で決めることは難しい。『笑点』だって台本あるんだよ」と太田のボヤキは止まらない。

 そんな中、本作の印象を聞かれた太田は「宮崎駿が嫌いなんですよ。何か気持ち悪い」と切り出し、「ジブリの中では宮崎さんにスポットが当たることが多いが、高畑作品の方がまっとうだと思うし、やっていることが斬新。(本作は)普通じゃ考えられない手間暇、お金もかけてやっていて、世界に誇れるアニメーションだと思う」と大絶賛した。また、高畑監督については「自分がやりたいことには妥協しない、暴君と言っていいかわからないけど、貫き通すところは尊敬できる」と敬意を表した。

 1時間に及ぶ会議の中、売れそうだから「神田川」、話題になりそうだから「バカ息子」、たまには真面目に「あゝ無常」など、いくつかの案を出すが決定までには至らず、太田のコピー発表は後日持ち越しとなった。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『かぐや姫の物語』DVD&ブルーレイは12月3日発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]