ロバート馬場、お笑い業に限界?料理の道に色気

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート馬場、料理の道へ? - 左から山本博、馬場裕之、秋山竜次

 お笑いトリオ・ロバート山本博秋山竜次馬場裕之)が23日、日本語吹き替え声優に初挑戦した台湾映画『祝宴!シェフ』の公開記念イベントに出席。料理好きで知られる馬場は、本作に登場する台湾料理「トマトの卵炒め」を実際に調理し、「お笑い芸人としてなかなか笑いを取るのは難しい。でも、料理だったら人を笑顔にできる。こっちの方が僕に向いている」と料理好きの理由を明かした。

おいしそう!ロバートが作った台湾料理フォトギャラリー

 タバスコの原材料を見ながら自家製のタバスコを作り、撮影時のロケ弁「焼肉弁当」を持ち帰ってクッパにするなど、料理好きで知られる馬場。現在も自家製のぬか床を家で作っているといい、得意料理はいわしやサバのぬか炊きだと告白。味の方も「母ちゃんの飯よりホッとする」と山本を大絶賛させるほどで、腕前も確かなよう。

[PR]

 最近は料理を武器に共演の女優らとのコミュニケーションも盛んだといい、山本は「馬場は、いろんな共演者とぬか床を交換するみたいな、ちょっと変わったコミュニケーションを始めて、戸田恵子さんや浅田美代子さんとぬか床の交換をしている」と暴露。秋山は「LINE交換じゃなくてぬか床交換かよ」とあきれ顔だったが、馬場は「その方によって菌が違う」とぬか床も女優によってさまざまだと持論を展開した。

 また、山本と秋山を横目に馬場は、「料理は妥協できないけど、お笑いは妥協できるんですよ」と発言。「この映画を観て、本当に料理の仕事がしたいと思った。フードコーディネーターのような仕事もやってみたい」と現在はお笑いより料理の方に心が傾いている様子だった。

 本作は主人公・シャオワン(キミ・シア)が、人々を幸せにする究極のレシピを探し求めて奮闘する姿を描いたコメディー映画。ロバートの3人は、劇中のオタクトリオの声を担当している。(取材・文:名鹿祥史)

映画『祝宴!シェフ』は11月1日よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]