『アナ雪』キャラがディズニー新作『ベイマックス』に登場? プロデューサーが明言!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ベイマックス』LAプレミアに登場したドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督

 現地時間4日、ディズニー最新作『ベイマックス』のLAプレミアが米ロサンゼルスで行われ、プロデューサーのロイ・コンリらが本作に登場する“隠れキャラ”の存在について言及した。

【写真】進撃の巨人、ミギー、ベイマックスらがレッドカーペットに大集結

 『アナと雪の女王』には『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルとフリンがちらっと登場するなど、ディズニー作品では恒例ともなっている“隠れキャラ”。

[PR]

 最新作『ベイマックス』にも登場するのかと聞かれたプロデューサーのロイは「至るところで見つかりますよ! たくさんの隠れミッキーやイースターエッグと呼ばれる隠れキャラがいます。全てを探すには、DVDを購入して観る必要があるかもしれませんね」と明言。日本でも大人気の『アナ雪』のキャラが登場するかという質問に対しても「もちろん、いくつかいますよ」と断言した。

 また、ドン・ホール監督が「隠れキャラクターは登場しますが、あまり多くを語りたくないですね。ファンの皆さんにそれぞれ探してもらいたいですから」と話すと、共同で監督を務めたクリス・ウィリアムズが「でも答えはイエスです!」とファンの期待をあおる一幕もあった。

 本作は、東京とサンフランシスコを融合して作った架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、幼くして家族を亡くした天才少年ヒロと、心と体を守るために作られたケアロボットの絆を描いた感動のアドベンチャー。

 ヒロの声を担当したライアン・ポッターは、父親が日本人で、東京都世田谷区の用賀にある保育園に通っていたこともあるといい、流ちょうな日本語で「ヨロシクオネガイシマース!」とカメラの前に登場し、最後はインタビュアーに言葉を確認しながら「『ベイマックス』をミニキテネー!」とアピールしていた。(編集部・中山雄一朗)

映画『ベイマックス』は12月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]