インドネシア大量虐殺者の衝撃的な新証言が浮上

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
殺人部隊の元リーダー、アンワル。被害者を演じる際に異変が……! - (C) Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

 1960年代のインドネシアで起こった大量虐殺事件の加害者たちを取材し、世界的な大反響を呼んだドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』の主人公で殺人部隊の元リーダーの、劇中にはない新たな告白が存在することが明らかになった。

 『アクト・オブ・キリング』が観る者を驚かせたのは、殺人の罪を問われることなく、英雄のように振る舞って生きている加害者たちにカメラを向け、彼ら自身に過去の残虐行為を再現させるという斬新な手法。ジョシュア・オッペンハイマー監督によるその試みは、歴史の恐ろしい暗部を掘り起こすとともに、本作の出演者=虐殺の加害者たちの心理にも多大な影響を与えた。

 本編の終盤には殺人部隊の元リーダー、アンワル・コンゴの驚くべき心境の変化が生々しく記録されていた。それまで自らの殺人行為を誇らしげに語っていたアンワルが、劇中劇で拷問される被害者を演じたことをきっかけに、初めて罪の意識をのぞかせるシーンである。その直後の衝撃的なラストシーンへとつながる重要な場面だ。

[PR]

 アンワルの新証言は、『アクト・オブ・キリング』のブルーレイ&DVDの特典映像に収められている。被害者を演じたアンワルが、控え室の鏡の前で「そうか、被害者はこんな思いを」と心情を吐露。さらには、助けを求めることもできなかった被害者の立場に思いをはせ、「命乞いしたらさらに殴られる。逃げられもしない」とつぶやいている。またアンワルが突然、特殊メイクで作られた自分の頭部を破壊するという、不可解な振る舞いなども捉えられている。

 アンワルの内に湧き起こった良心の呵責(かしゃく)をどう解釈するかは、観る側の受けとめ方次第。すでに本作を劇場で鑑賞済みの人にとっても、大量虐殺犯のえたいの知れない心の闇を探る上で必見の未公開映像といえるだろう。(高橋諭治)

『アクト・オブ・キリング』DVD&ブルーレイは発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]