フィッツジェラルドの未完の大作「ラスト・タイクーン」がドラマ化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
F・スコット・フィッツジェラルド - American Stock / Getty Images

 20世紀を代表する作家の一人、F・スコット・フィッツジェラルドの作品は、「華麗なるギャツビー」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」などが映画化されてきたが、このたび彼の未完の小説「ラスト・タイクーン」のドラマ化をアマゾン・スタジオズが進めようとしていることがわかった。Deadlineなどが報じた。

【写真】映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

 本作は、もともとソニー・ピクチャーTVのもとアメリカのケーブル・チャンネルHBOで昨年の秋に企画されていたが、現在はHBOを離れ他のスタジオとプロデューサーが製作を交渉中。今回その候補としてアマゾン・スタジオズに白羽の矢が立ち、交渉に入ったという。『ハンガー・ゲーム』『キャプテン・フィリップス』のビリー・レイがフィッツジェラルドの原作を脚色することになっている。

[PR]

 小説「ラスト・タイクーン」は、実在したハリウッド初期を代表するプロデューサー、アーヴィング・タルバーグをモデルにした主人公、モンロー・スターの栄光と挫折を、亡き妻の面影を持つ未亡人との情事などを通して描いた作品。フィッツジェラルドが執筆途中に心臓発作で急逝してまい、現在では未完の傑作として評価されている。

 脚本家のレイは、テレビシリーズ「サンフランシスコの空の下」のクリストファー・キーサーと共に製作総指揮も務めるようだ。これまでに同小説は、1976年に巨匠エリア・カザンのもと、ロバート・デ・ニーロ主演で一度映画化されている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]