『パシフィック・リム』続編に科学者コンビが再登場!舞台は怪獣の脅威が去った世界に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チャーリー・デイふんするニュートン・ガイズラー博士 - 映画『パシフィック・リム』より - 写真:Collection Christophel/アフロ

 ギレルモ・デル・トロ監督が、映画『パシフィック・リム』の続編にチャーリー・デイバーン・ゴーマンふんする科学者コンビが再登場するとColliderに明かした。

映画『パシフィック・リム』フォトギャラリー

 『パシフィック・リム』(2013)は、深海から突如現れたKAIJU(怪獣)を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーに乗り込んだ世界各国のパイロットたちの戦いを描いたSFアクション。チャーリーは怪獣オタクのニュートン・ガイズラー博士、バーンは気難しいハーマン・ゴットリーブ博士にふんし、パイロットたちに負けない存在感を放っていた。

[PR]

 デル・トロ監督は続編について「1作目から数年後になる。直接の続編ではない」と切り出すと、「KAIJUの脅威が去った世界が舞台で、イェーガーのテクノロジーに何が起きるのかを描くんだ」と物語にはかなりの飛躍があるとコメント。「だからかなり違った感じの映画だ。でも続編のメインのキャラクターのうち2人は、前作でもそうだったようにバーン(演じるハーマン)とチャーリー(演じるニュートン)になるよ。正直言って、二人は最も書くのが楽しいキャラクターなんだ」と科学者コンビの再登場を明言した。

 KAIJUの脅威が去った世界が舞台になるといえども、もちろんKAIJUも登場することになる。デル・トロ監督は「KAIJUは前作とはかなり違うよ。ロボットのタイプもかなり変わると思う」とKAIJUとイェーガーは新たなデザインになることを明かし、「続編では全く違ったアドベンチャーが展開するんだ」と期待をあおっている。

 続編は2017年4月7日に全米公開予定。デル・トロ監督は今年10月には、すでに第3弾の製作を視野に入れており、『パシフィック・リム』(2013)の何人かのキャラクターは第3弾につなげるため、第2弾のラストで登場することになると発言していた。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]