『ターミネーター』のテーマ再び!T-800の顔が崩れ落ちる最新映像公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
T-800が崩れ落ちるモーションポスターの映像 - (c) 2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 アーノルド・シュワルツェネッガーが、およそ12年ぶりにシリーズに復帰する、大ヒットSF映画最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』から、おなじみのテーマ曲が鳴り響くモーションポスターの映像が公開された。

 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラー監督がメガホンを取り、シリーズを全く新たな視点から描き直すともいわれている同作。そのストーリーは謎のベールに包まれており、キャリア史上一番の当り役でもある殺人アンドロイド、ターミネーター(T-800)にふんするシュワルツェネッガーをはじめとする主要キャスト以外は、一切の詳細が不明となっている。

 公開されたモーションポスターでは、そのT-800とおぼしきターミネーターの骨格がむき出しになった顔が、砂時計のように崩れ落ちる映像が展開。右目だけが赤く光る姿は、シリーズ1作目でT-800の顔を覆っていた皮膚がはがれ、マシーン部分がのぞくシーンをほうふつさせる。

[PR]

 砂時計のイメージは、本作でT-800が『ターミネーター』『ターミネーター2』のタイムラインを大きく左右する事変に関わっていること、さらに人類滅亡の日とされる「審判の日」(ジャッジメントデイ)までのカウントダウンを暗示しているとのこと。詳細は、12月8日に公開が予定されている日本版特報で明かされるはずだ。

 本作にはシュワルツェネッガーのほか、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークサラ・コナー役、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のジェイ・コートニーがカイル・リース役、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のジェイソン・クラークがジョン・コナー役で出演する。(編集部・入倉功一)

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は2015年7月全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]