NG連発!藤原竜也&岡田将生が明かす『ST』撮影裏

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影のウラ話を明かした藤原竜也&岡田将生 - 写真:高野広美

 人気ドラマの劇場版『映画 ST赤と白の捜査ファイル』で、天才分析官とエリート警部の名コンビを演じた藤原竜也岡田将生が、NG連発で苦労した撮影のウラ話や、お互いの素顔について語った。

【動画】『映画 ST赤と白の捜査ファイル』予告編

 犯罪捜査のエキスパートによる特殊機関・科学特捜班「ST」の活躍を描く本作は、変わり者ぞろいのメンバーたちが繰り広げる長ゼリフの応酬が見どころの一つ。対人恐怖症の天才分析官・赤城を演じた藤原は、「難しい専門用語がうまく台本に入れ込んであるから、なかなかセリフが覚えられないんです。NGを出してしまうことも多くて、みんなで『大丈夫! イケる!』って励まし合っていました(笑)」と撮影時の苦労を打ち明ける。

[PR]

 STを管理するエリート警部・百合根を演じた岡田も「捜査に関するセリフは、自分がちゃんと理解していないと頭に入ってこないんです。現場に資料がたくさん用意してあって、用語を確認しながらやっていました」と藤原と同様の苦労を吐露しつつ、「またSTのメンバーと現場で一緒にいられるのが本当にうれしかった」と再共演の喜びを素直に語った。

劇中に登場するキャラクター、ガッキー君と一緒に!

 そんな岡田の素顔について、「正面から物事を捉えるストレートさや、人がよくて周りから好かれるところが百合根と重なる」と分析する藤原。すると岡田は「僕は竜也さんの仕事に対するプロフェッショナルな姿勢を尊敬しています。自分はおっちょこちょいタイプなので、竜也さんに迷惑を掛けてしまったこともあって……。申し訳なかったです!」といきなりその場で平謝り。思わず苦笑しながらも優しい視線を注ぐ藤原と、実直な岡田との間には、赤城と百合根さながらの強い絆があるようだ。

 その後も「今回の映画でSTの○○(誰々)が○○(何々)になったじゃないですか。だから……」とネタバレトークを続けようとする岡田に対し、藤原が「岡田くん、言っていいことと悪いことがあるんだからね」とやんわりダメ出しをするなど、二人は最後まで名コンビぶりを披露していた。(取材・文:斉藤由紀子)

『映画 ST赤と白の捜査ファイル』は1月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]