NEWS加藤シゲアキ処女小説映画化でHey! Say! JUMP中島裕翔が映画初主演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
共演のキャストも豪華!菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥 - (C)2015『ピンクとグレー』製作委員会

 NEWS加藤シゲアキの処女小説「ピンクとグレー」が映画化され、Hey! Say! JUMP中島裕翔主演で2016年に公開されることが明らかになった。映画初出演にして初主演を果たす中島は、「全く実感が湧かずどこか他人事のように驚いています」と驚きを隠せない様子。加藤は、「自分を投影した小説を、後輩が演じてくれることはあまりない機会ですが、中島くんならできると信じています」と後輩への信頼を語った。

豪華キャストズラリ!『ピンクとグレー』フォトギャラリー

 メガホンを取る行定勲監督と脚本の蓬莱竜太のアイデアにより、原作を大胆にアレンジし、小説では描かれなかったエピソードも追加されるという本作。少年時代からの親友で、兄弟以上の絆で結ばれていた人気俳優・白木蓮吾の急逝によって一躍世間の注目を浴びるようになった売れない俳優・河田大貴(中島)を中心に、2人の青年が体験した光と影、青春の友情と葛藤をみずみずしく描き出す。共演には菅田将暉夏帆岸井ゆきの柳楽優弥が決定している。

[PR]

 「半沢直樹」「水球ヤンキース」など人気ドラマに立て続けに出演してきた中島だが、映画の現場に足を踏み入れるのは初。「周りの出演者の方々もお芝居がとてつもなく上手な方ばかりなので、飲み込まれないようにしっかりと自分の力を発揮し、あくまでも楽しんで今まで見せてこなかった顔を出せていければと思います」と意気込んだ。そんな中島の印象を「清潔さと品の良さを感じさせる人です」と話す行定監督は、「まだ未完成な彼の奥底にある新しい顔を期待しつつ、どんな風に彼をいじめ抜けるかが鍵だと思っています。楽しみです」と期待を見せている。

 「5年前に小説を書いたときは、映画化されるなんて夢にも思っていませんでした」という原作の加藤は、「行定監督の作品は好きでよく見ていたので、自分の世界観が行定監督の手で表現されるのはとても光栄で、心から楽しみです」と喜びをあらわにした。

 また、共演のキャスト陣も行定組への参加にやる気をみなぎらせており、夏帆は「普段は人様にみせることのない、自分の隠しているものを、ひっぱりだして、どれだけさらけだせるか、年明け早々、最大の挑戦になりそうです」と新たな挑戦に胸の高鳴りを感じているようだ。(編集部・吉田唯)

映画『ピンクとグレー』は2016年公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]