有村架純、金髪&超ミニスカのギャル姿公開!「はいてる感覚が無い」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
変わり過ぎ! 有村架純の金髪ギャル女子高生姿が公開! - (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会

 女優の有村架純主演で、ベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化する『ビリギャル』から、金髪ミニスカートの女子高生ギャルにふんした有村の姿が公開された。自分の姿に「まだ見慣れないですけど、すごく新鮮です」という有村は「金髪にしたことも、こういうメイクもしたこともあまりないので、なんだか自分が強く居れる気がします。スカートが短くて、はいてる感覚が無いんですよ(笑)」と語っている。

 累計発行部数60万部を突破する坪田信貴の著書を、『いま、会いにゆきます』などの土井裕泰監督と、『テルマエ・ロマエII』の脚本家・橋本裕志がタッグを組んで映画化する本作。成績学年ビリの金髪ギャル・さやかが、進学塾教師との運命の出会いから、「慶應義塾大学現役合格」という無謀ともいえる目標に挑戦する姿を、家族や友人との心温まるドラマを交えて描く。

 公開されたポスタービジュアルでは、膝上約20センチの超ミニスカートに、つけまつげの厚化粧、指先には鮮やかなパステルカラーのネイルを施し、原作本の表紙さながらの「金髪ギャル」に変身した有村の姿が明らかに。一見本人と気づかないほどの変身ぶりには、ファンならずとも釘付けになること必至だ。

[PR]

 主人公のさやかについて有村は「本当に応援してあげたくなるし、私も大好きな女の子です」とコメント。「その金髪、ギャルメイクのさやかちゃんが、受験に向き合う気持ちとともに、外見も変化していくというところも楽しく見ていただければと思います」と語っており、これまでの清純派のイメージを覆し、女優としての新境地を開拓する有村の姿に注目したい。

坪田先生を演じるのは伊藤淳史!

 また、さやかを慶應義塾大学合格へと導く坪田先生役で伊藤淳史が出演。そのほか、さやかの母親を吉田羊、さやかの父親を田中哲司、さやかと同じ進学塾に通う森玲司を野村周平、さやかの担任を安田顕が演じるなど、実力派キャストたちが映画を彩る。(編集部・入倉功一)

映画『ビリギャル』は5月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]