ヒューゴ賞受賞小説「時間封鎖」がテレビミニシリーズに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 米Syfy局が、2006年にヒューゴ賞を受賞したロバート・チャールズ・ウィルスンの小説「時間封鎖」をテレビミニシリーズ化することを発表した。

 同小説は、暗黒の謎の界面に包まれた地球を終末から救おうとする若き科学者を中心に描いたストーリー。Deadlineなどによると、映画『ファイト・クラブ』『ジャンパー』の脚本家ジム・ウールスが脚色を担当するとのこと。予定としては計6時間のミニシリーズになるという。同小説は3部作のため、好評であれば「無限記憶」「連環宇宙」のミニシリーズ化も実現するかもしれない。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]