「まほろ駅」コンビがシリーズを振り返る「いい意味で枯れてきた」瑛太の魅力

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
瑛太&大森立嗣監督

 「まほろ駅前」シリーズの映画化第2弾『まほろ駅前狂騒曲』ブルーレイ&DVD発売を直前に控え、瑛太大森立嗣監督が同シリーズへの思いを語った。

【写真】瑛太、ファンのおかえりコールに笑顔で「ただいま!」『まほろ駅前狂騒曲』フォトギャラリー

 便利屋を営む多田啓介(瑛太)と、中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)の奇妙な関係性を描き出した三浦しをんの小説「まほろ駅前」シリーズ。2011年には大森監督が監督を務めた映画『まほろ駅前多田便利軒』が公開され、その後、大根仁監督による連続ドラマシリーズ「まほろ駅前番外地」がテレビで放送。本作は、大森監督が再びメガホンを取ることになった劇場版第2弾となる。 

[PR]

 最初の『まほろ駅前多田便利軒』を振り返り、「僕らも最初は探り探りだった。小説にキャラクターがしっかりと書かれていたので、今、考えるとそこに縛られたかな」と述懐する大森監督。それだけに、そこから続いたテレビドラマ版については「大根さんは自由にやっているな」と思ったという。そこで今回、劇場版第2作を製作するにあたってテレビ版からの影響があったことを認めた大森監督は「もちろん瑛太と龍平は全ての現場にいたわけですから、瑛太と龍平はそれぞれの役柄に成り切っていた。そういう意味ではやりやすかったですね」と振り返った。

 その言葉を受けた瑛太は「劇場版第1作では、息子を亡くしたこととか、多田の中にある闇みたいなものを感じながら演じていた。でも、便利屋を営んでいるからなのか、人に対して希望を与えたいという、多田の人間性はすごく好きだなと思っていて。それがベースにあったので、ドラマをやったときに正直「これでいいのかな」と躊躇(ちゅうちょ)することもたくさんあった。でも、人間だからいろんな側面があってもいいわけだし、そこから自分の中の多田のイメージがどんどん広がっていった」と話す。

 さらに「この映画を観た人から、いい意味で枯れてきたねと言われた」と言う瑛太は、シリーズを重ねて「年齢を重ねるのっていいなと思います」と思うところもあった様子。大森監督も「瑛太も龍平も年相応のいい顔をしているので、そういうものを捕らえたいと思います」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『まほろ駅前狂騒曲』ブルーレイ&DVDは4月15日ポニーキャニオンより発売

【瑛太】ヘアメイク:勇見勝彦(THYMON Inc.)、スタイリング:壽村 太一(SIGNO Inc., Ltd. )

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]