『呪怨』シリーズ完結 平愛梨が主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『呪怨 -ザ・ファイナル-』で主演を務める平愛梨

 ハリウッドリメイクもされたホラー映画『呪怨』シリーズの最新作『呪怨 -ザ・ファイナル-』(6月20日公開)の製作発表会見が東京・赤城神社で行われ、シリーズ最終章となる本作の主演を平愛梨が務めることが明らかになった。新ヒロインに抜てきされた平は「まさか自分だと思っていなかったのでビックリしました。なかなか実感も湧かなかったのですが、先ほどおはらいをしてもらってようやく実感が湧きました。監督を信頼して頑張ります」と意気込んだ。

【他の写真を見る】伽椰子役、俊雄役も登場…

 この日は平と、伽椰子役の最所美咲、男の子の幽霊・佐伯俊雄役の子役・小林颯落合正幸監督が会見に出席。「わたしは究極の怖がり」と語る平は、本作の印象について「台本を読んでいると一人で過ごせないくらい怖かった」と明かしながらも、「でもファイナルということで皆さんに後悔してほしくないので、精いっぱいやりたい」とにっこり笑顔を見せた。

[PR]

 前作に続いてメガホンを取る落合監督はそんな平について「すてきな人。ホラー映画では目がかわいい、美しいというのは向いている。平さんが今まで見せたことのないような表情を映画の中で作っていければ」とコメント。小林は前作『呪怨 -終わりの始まり-』の主演・佐々木希を振り返りつつ、「前回の佐々木さんよりもっともっと平さんを怖がらせたい」とニヤリ。最所も「本当にうれしかったです。ずっとブログで続編をやりたいと書いていたので、落合監督にわたしの呪いが通じたのかなって思いました」と最新作に期待を寄せていた。

 本作は、『呪怨』シリーズの劇場版第4弾にして完結編。小学校教師の妹・結衣の失踪を知った姉の麻衣(平)が、妹が失踪前に頻繁に家を訪れていた不登校生徒の行方を追ううちに不可解な出来事に巻き込まれる姿を描く。(取材・文:名鹿祥史)

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』は6月20日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]