「マッサン」シャーロット涙で感謝!スタジオ収録終了

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クランクアップセレモニーを迎えたシャーロット・ケイト・フォックスと玉山鉄二

 NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のスタジオ収録が19日、大阪市のNHK大阪放送局でクランクアップを迎え、初の外国人ヒロインを務めたアメリカ人女優のシャーロット・ケイト・フォックスが、涙と共に思いを語った。

放送前のシャーロット!フォトギャラリー

 撮影後に行われたクランクアップセレモニーでシャーロットは、夫役の玉山鉄二と共に感激の涙。日本語のあいさつを用意していたが、全て頭から消えてしまったといい、「泣かないで自分の考えていることを言う準備をしていましたが、涙が出でしまってすみません」と謝罪。「この経験を糧にして生きていければと思います」と日本での日々を振り返った。

[PR]

 さらに「特に玉山さん、マッサンに心からお礼を言わせてください」と続けたシャーロットは、「すごく忍耐強く、やさしく、積極的にいつもわたしに接してくれました。わたしを支えてくれました」と感謝。「こういう経験をさせていただいて、自分は恵まれ過ぎていると思うくらいです。大切に(この経験を)持って帰りたいと思います」と語ると、最後は日本語で「ほんとにありがとうございました」と礼を述べた。

 一方の玉山は、「もう34なんですけれど、こんなオッサンに、初心がかすみかけていた時期にこういう機会を与えてくださって」とコメント。「僕はこのマッサンが自分にとって新しい初心の場所だと思っています。本当に愛がたくさんあふれた素晴らしい現場でした。ありがとうございました」と頭を下げた。

 本作は、国産ウイスキー誕生に大きな役割を果たした故・竹鶴政孝氏とイギリス人の妻をモデルとした夫婦、亀山政春(玉山)とエリー(シャーロット)の物語。この日、セレモニーに同席した制作統括の櫻井賢は、「『冒険』という言葉は昔から知っている日本語でしたが、本当にこのドラマをやる中で、『冒険』という言葉の意味、『挑戦』という言葉の意味、『諦めない』という言葉の意味を僕も学ばさせてもらいました。この『マッサン』チームを本気にさせたのが、玉山さんとシャーロットさんです」と二人をねぎらった。(編集部・入倉功一)

NHK連続テレビ小説「マッサン」は3月28日まで放送(全150回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]