マドンナがステージから落下 英音楽賞でバックダンサーにひっぱられ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ステージから落下するマドンナ - David M. Benett / Getty Images

 現地時間25日にロンドンのO2アリーナで開催されたイギリス版グラミー賞とも称されるブリット・アワードの授賞式で、20年ぶりにパフォーマンスをしたマドンナが、バックダンサーに衣装のケープを勢いよくひっぱられ、階段状のセットから派手に落下するハプニングがあった。

セクシー!マドンナ写真ギャラリー

 事が起こったのは、新曲「Living For Love/リヴィング・フォー・ラヴ」を歌っていた最中のこと。途中でバックダンサーがマドンナのケープをひっぱって外すと、きらびやかな衣装が現れるという演出だったが、彼女がケープの首元のひもをほどく前にダンサーが思い切りひっぱってしまったようだ。マドンナは転倒後すぐに気を取り直し、最後まで歌い続けており、幸いにもけがなどはなかったよう。

[PR]

 マドンナのInstagramによると、ケープはアルマーニのデザインのものだったそう。「美しいケープがきつく縛られすぎていたの。でも、何もわたしを止めることはできない。愛がわたしを奮い立たせてくれたわ! みんな、心配してくれてありがとう! わたしは大丈夫よ!」とつづっている。

 今年のブリット・アワードでは最優秀ブリティッシュ・アルバム賞と最優秀ブリティッシュ・男性ソロ・アーティスト賞をエド・シーランが獲得し、最優秀インターナショナル・女性ソロ・アーティストにはテイラー・スウィフトが輝いた。また第57回グラミー賞で4冠を達成したサム・スミスは、最優秀ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞を受賞している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]