黒木華、イメージ一変!ももクロに“世界の蜷川”ばりのスパルタ指導?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ももクロに蜷川演出がさく裂? 『幕が上がる』の黒木華 - (C) 2015 O.H・K / F・T・R・D・K・P

 女性アイドルグループ・ももいろクローバーZ玉井詩織高城れに佐々木彩夏百田夏菜子有安杏果)の主演映画『幕が上がる』から、ももクロふんする高校の演劇部員たちの指導にあたる新米教師役を務めた黒木華が、これまでのイメージを一変させる鬼コーチ演技に挑んだ場面を捉えた劇中ビジュアルが公開された。

ももクロの青春映画!『幕が上がる』フォトギャラリー

 映画『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞するなど、若手きっての演技派女優として名をはせる黒木。弱小演劇部の女子高生たちが全国大会を目指す姿を描いた本作では、かつて学生演劇の女王と呼ばれた経験を生かして部員の指導にあたる美術教師・吉岡美佐子を演じる。

[PR]

メガネ姿もさまになる! 学生演劇の女王と呼ばれた新任教師を演じる黒木華 (C) 2015 O.H・K / F・T・R・D・K・P

 公開されたビジュアルは、その吉岡先生が真剣な表情で演技指導に取り組む姿を捉えたもの。一部で「昭和的」と呼ばれるほど清純派イメージの強い黒木が、椅子に腰掛けて腕を組み大声を張り上げているものや、過激な指導で知られる演出家・蜷川幸雄のように灰皿をももクロに投げつけようかという、物騒な画像まで含まれている。果たして黒木の豹変(ひょうへん)ぶりはどんな場面で登場するのか。普段はアイドルとして活動するももクロたちを引っ張る、実力派ならではの熱演にも注目したい。

 本作は、劇作家・平田オリザの同名小説を、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督が映画化した青春ドラマ。ももクロふんする、地方都市の弱小演劇部に所属する女子高生たちが、元学生演劇の女王だった新任教師の赴任をきっかけに全国大会を目指して奮闘するさまを描く。(編集部・入倉功一)

映画『幕が上がる』は2月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]