バービー人形実写映画に『JUNO/ジュノ』の脚本家!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
改稿を担当するディアブロ・コディ - Paul Archuleta / FilmMagic / Getty Images

 アメリカのトイメーカー、マテル社から1959年に発売されて以来、ロングセラーを誇る着せ替え人形バービーが、実写映画化されるにあたり、脚本家が決定したとDeadlineが伝えた。

【写真】コディ脚本『ヤング≒アダルト』ギャラリー

 人気テレビシリーズ「SEX AND THE CITY」のクリエイターとして知られるジェニー・ビックスが手掛けた第一稿をブラッシュアップし、次稿に仕上げることになったのは、映画『JUNO/ジュノ』で第80回アカデミー賞脚本賞に輝いたディアブロ・コディ

[PR]

 米ソニー・ピクチャーズが製作を担当する本作でプロデューサーを務める、『メン・イン・ブラック』シリーズや『マイノリティ・リポート』などの製作を手掛けたウォルター・パークスは、「ディアブロのオリジナリティーは、まさにバービー映画に必要な要素だ。ごく自然に、現代らしさを加味できると思う」とコメントしている。

 コディは、『ヤング≒アダルト』の脚本も手掛け、2013年には『ロック・オブ・エイジズ』のジュリアン・ハフが主役を演じた『パラダイス(原題) / Paradise』で監督デビューを果たしている。自らもバービー人形のファンだという。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]