ディズニー実写版『ダンボ』の監督がティム・バートンに決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実写版『ダンボ』でメガホンを取るティム・バートン監督 - Daniel Zuchnik / WireImage / Getty Images

 映画『アリス・イン・ワンダーランド』などでおなじみのティム・バートン監督が、ディズニーが手掛ける実写版『ダンボ』でメガホンを取ることが、The Hollywood Reporterなどによって明らかになった。

【動画】ティム・バートン監督が描く、ゴースト・ペインター事件を起こした夫婦の物語『ビッグ・アイズ』

 本作は、1941年にウォルト・ディズニーのもとベン・シャープスティーン監督が手掛けたアニメーションを実写化する作品で、『トランスフォーマー』シリーズのアーレン・クルーガーが脚本を執筆、『オブリビオン』のジャスティン・スプリンガーと共にプロデュースも担当する。

[PR]

 オリジナル作品のストーリーは、大きな耳をばかにされ、母親から離されてしまった子象ダンボが、ネズミのティモシーの助けを得て、耳を翼にして飛べるようになり、サーカスの人気者になって母親と再会するというもの。

 ディズニーは近年、アニメ作品の実写化で見事に成功を収めており、『アリス・イン・ワンダーランド』は10億2,000万ドル(約1,224億円)、『マレフィセント』は7億5,800万ドル(約909億6,000万円)の全世界興行収入をたたき出している。(1ドル120円計算)

 また、4月25日にはディズニーの実写映画『シンデレラ』が日本でも公開される。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]