幼なじみ5人組がアンソニー・ホプキンスを誘拐!『ハイネケン誘拐の代償』6月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんな人誘拐したら即食われそうです… - 映画『ハイネケン誘拐の代償』ポスタービジュアル - (c)2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC

 1983年に起きたビール会社「ハイネケン」の経営者誘拐事件を基にした映画『Kidnapping Mr. Heineken』の邦題が『ハイネケン誘拐の代償』に決まり、6月13日より日本公開されることがわかった。犯罪経験のない幼なじみ5人組に誘拐された世界屈指の大富豪フレディ・ハイネケンを演じるのは、『羊たちの沈黙』でオスカーを受賞した名優アンソニー・ホプキンスだ。

 本作は、史上最高額(当時)の身代金が要求された大事件でありながら、奪われた金の大半の行方が明らかになっていないなど多くの謎を残しているこの事件の真相に迫った本格サスペンスミステリー。エミー賞受賞の犯罪ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を基に、誘拐した者・された者、両者の視点で知られざる真実を映し出す。

 世界でも指折りの大富豪であるハイケネンの誘拐は世間を驚かせ、警察も巨大組織による犯行を疑ったが、犯人は犯罪経験のない幼なじみの5人の若者だった。いうなれば“素人”の犯人たちは、人質であるはずのハイネケンの傲慢(ごうまん)な言動に翻弄(ほんろう)され、歯車は狂い出す……。ホプキンスは、そんな老獪(ろうかい)な人質ハイネケンを見事に体現している。

[PR]

 誘拐犯グループのメンバーを演じるのは、『アクロス・ザ・ユニバース』のジム・スタージェス、『アバター』のサム・ワーシントン、テレビドラマ「トゥルーブラッド」のライアン・クワンテン、マーク・ヴァン・エウウェン、トーマス・コックレルの5人。スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』シリーズでメガホンを取ったダニエル・アルフレッドソンが監督を務めた。(編集部・市川遥)

映画『ハイネケン誘拐の代償』は6月13日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]