『クロウ/飛翔伝説』リメイク版、主演の有力候補にジャック・ヒューストン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演の有力候補!ジャック・ヒューストン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 カルト的コミックをアレックス・プロヤス監督が映画化した1994年の映画『クロウ/飛翔伝説』のリメイク化で、新たな主演のキャスティングが進められていたが、テレビシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のジャック・ヒューストンが有力候補に挙がっていることが、Deadline.comにより明らかになった。

【動画】ジャック・ヒューストン出演『リスボンに誘われて』

 荒廃した近未来都市デトロイトを舞台に、結婚式を翌日に控えたロックミュージシャンのエリックと婚約者がハロウィンの夜に惨殺され、エリックは後にカラスの力で生まれ変わるというストーリー。当初、リメイク版の主演予定だった映画『ドラキュラZERO』のルーク・エヴァンスがスケジュールの都合で降板、新たなキャスティングが進められていた。

[PR]

 「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」での、戦争で顔を負傷したリチャード・ハロー役や、ジェレミー・アイアンズと共演した映画『リスボンに誘われて』などで知られるヒューストンは、映画『黄金』『アフリカの女王』などの巨匠ジョン・ヒューストン監督の孫で、脚本家のトニー・ヒューストンを父に、俳優のアンジェリカ・ヒューストンダニー・ヒューストンを叔母叔父に持つ、芸能一家の出身だ。

 リメイク化のメガホンを取るのは、ホラー映画『ザ・ウッズ(原題) / The Woods』の公開を控え、ミュージックビデオの監督としても活躍する新星コリン・ハーディ。ヒューストンは、映画『リンカーン/秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ監督が手掛ける『ベン・ハー』のリメイク映画で、主演のベン・ハーにキャスティングされており、現在撮影中だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]