「若草物語」の再映画化で女優兼監督のサラ・ポーリーが脚色を担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サラ・ポーリー - Neilson Barnard / Getty Images for Film Society of Lincoln Center

 作家ルイザ・メイ・オルコットの名作「若草物語」の再映画化で、女優兼監督のサラ・ポーリーが、脚色を担当することが決まった。The Wrapほか複数のメディアが報じている。

【動画】サラ・ポーリー監督作『物語る私たち』映像

 本作は、ソニー・ピクチャーズの元会長エイミー・パスカルが、映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』のデニーズ・ディ・ノヴィと映画『SAYURI』の脚本家のロビン・スウィコードと共にプロデュースする予定の再映画化作品。ソニー・ピクチャーズは、2013年にも企画していたが、その際は企画倒れになっていたようだ。

[PR]

 原作の「若草物語」は、南北戦争時代を背景に、マーチ家の四姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミーの物語を描いたもので、1933年にキャサリン・ヘプバーン主演、1949年にはジューン・アリソン主演、1994年にもソニー・ピクチャーズが、ジリアン・アームストロング監督、ウィノナ・ライダーらのキャストで映画化していた。

 プロデューサーのエイミー・パスカルは、新たな『スパイダーマン』シリーズ企画や、『ゴーストバスターズ』の企画を立てているようだ。今のところ、サラが脚色以外に女優や監督としても関わるかわからないが、彼女の参加で興味深い作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]