平祐奈&大友花恋のキュートすぎるダジャレトークに柳葉敏郎がもん絶!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
客席にボールをプレゼントしてヒット祈願!

 女優の平祐奈大友花恋が、23日に都内で開かれたW主演映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』のヒット祈願特別試写会に柳葉敏郎小市慢太郎井上春生監督と共に出席した。本作の劇中衣装であるテニスウエア姿で登場した二人は、撮影時の楽しいエピソードをダジャレを交えて披露し、柳葉をもん絶させていた。

【写真】平祐奈、大友花恋のかわいすぎるテニスウエア姿!

 冒頭のあいさつで「皆さん、(今は)夜だけど、オッハー!」と会場に呼びかけた平。女優・平愛梨の実の妹で、映画『紙の月』(2014)など、演技も注目される彼女は「佐渡島での撮影は大自然の中、お空がとても近くて、ごはんもすごくおいしくて、朝から2杯食べていました」と撮影を満喫した様子。「(2週間)花恋ちゃんと同じ部屋に泊まって、お手洗い以外、ずっと一緒だったね」と大友に微笑みかけた。

[PR]

 雑誌「Seventeen」専属モデルとして活躍する大友も「お風呂も一緒だったね。毎晩一緒にセリフの練習をしたり、移動のバスでダジャレ対決をしたり」と楽しそうに振り返る。「でも祐奈ちゃんのダジャレが、すごすぎて全然かなわなかった」という大友に、平は「そんなことないよ、花恋ちゃんも頭の回転がすごく速いんだから」と返し、会話は完全に2人の世界に。

さわやかな劇中衣装で登場したキャスト陣

 その“すごい”ダジャレの例として、井上監督が「ジャムおじさんが、ジャムを持参」(平作)、「わたしは遠泳が得意なんです。遠泳だけに永遠に泳げます」(大友作)を紹介。すると、ダジャレには黙っていられない柳葉が、たまらず舞台に崩れ落ちながら「きみら、さほどたいしたダジャレは言っていないよ」と突っ込む楽しい一幕があった。

 本作は、東京の母の元を離れて別居中の父(小市)の住む日本海側の島に転校した中学3年生の亜季(平)が、島で出会った珠子(大友)と懸命にソフトテニスに打ち込み、周囲の大人たちの心を動かしていくハートフルな青春ドラマ。(取材/岸田智)

映画『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』は4月4日よりイオンシネマ板橋ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]