ヴィン・ディーゼル、故ポール・ウォーカーさんに敬意を表して第3子を命名

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポーリーンちゃんと名付けたヴィン・ディーゼル

 先日、第3子となる娘が誕生した俳優のヴィン・ディーゼルが、映画『ワイルド・スピード』シリーズで共演し、2013年に自動車事故で亡くなった盟友ポール・ウォーカーさんに敬意を表して名付けたことを明かした。

【動画】ヴィン・ディーゼル主演の大人気シリーズ最新作!『ワイルド・スピード SKY MISSION』インターナショナル・トレーラー

 ヴィンは情報番組「トゥデイ」に出演した際、「ポーリーンと名付けたんだ。赤ちゃんのへその緒を切りながら、彼(ポールさん)のことを考えていた。彼はあの場所にいたんだよ。彼の思い出を自分の思い出と人生の一部にしたいと思ったんだ」と語った。ヴィンとパートナーのパロマ・ジメネズとの間には、6才の娘ハニアちゃんと4歳の息子ヴィンセントくんもいる。

 ヴィンはポールさんの死から1年後に、ポールさんがハニアちゃんを抱いている写真を自身のFacebookに公開し、「彼は僕の人生の大きな部分を占めていた。僕の母の話し相手や、ハニアのベビーシッターもしてくれた。パブロ叔父さんであることに誇りを持っていたよ。ハニアが生まれた日、僕らは『ワイルド・スピード MAX』の撮影中だった。赤ちゃんが生まれることは彼にしか言っていなかったんだけど、彼は病院に行ってへその緒を切るように言ってくれたんだ。彼は、僕が父親という役割を担うに当たって、一番重要な役割を果たしてくれた人物だった。健全で前向きに人生を生きている家族だった。今日で1年。彼がいないことに今でも言葉を失う時がある。パブロ、恋しいよ」とポールさんを追悼していた。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]