シネマトゥデイ

スピルバーグが大人気SF小説「ゲームウォーズ」を映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・スピルバーグ - Ian Gavan / Getty Images

 巨匠スティーヴン・スピルバーグが、アーネスト・クラインの人気SF小説「ゲームウォーズ」(原題:Ready Player One)の映画化に際して監督を務めることが決定したとDeadlineが報じた。

【写真】スピルバーグ監督の名作!映画『A.I.』

 ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにも載った原作は、ビデオゲームや、バーチャルリアリティー、そして1980年代のポップカルチャーネタが満載の作品。そのため、映画化が困難ではないかとささやかれていたが、その件に関してワーナー・ブラザースが本作の映画化権を獲得したときのトップであったグレッグ・シルバーマン氏は「『LEGO(R)ムービー』を製作してわかったことは、僕らが(権利を保持していない)キャラクターを映画で登場させたいと交渉しに行くと、相手は僕らの映画に関われることを喜んでくれるんだ」とDeadlineに語っている。

 『アベンジャーズ』などの脚本家ザック・ペンが、原作者クラインと新鋭エリック・イーソンによる脚本を基に、執筆を手掛ける。また、スピルバーグ監督は現在、10月16日全米公開予定のトム・ハンクス主演、コーエン兄弟が脚本担当でタッグを組んだ話題作『ブリッジ・オブ・スパイズ(原題) / Bridge of Spies』を手掛けているほか、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者として知られるロアルド・ダールの小説「オ・ヤサシ巨人BFG」の実写映画化作品などでメガホンを取ることも決定している。(編集部・石神恵美子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]