『ニューヨーク、アイラブユー』ドレア・ド・マッテオ、ビル崩壊でアパートを失う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
消火活動の様子(画像はドレア・ド・マッテオのInstagramのスクリーンショット)

 ニューヨークのイーストヴィレッジで3月26日(現地時間)に崩壊したビルは、女優のドレア・ド・マッテオのアパートが入っていた建物だったという。

ドレア・ド・マッテオ出演のラブストーリー『ブロークン・イングリッシュ』フォトギャラリー

 ビルはガス爆発で火に包まれ、3棟が崩壊。New York Timesなどによると、20名以上が負傷し、2名が遺体で発見されたという。

[PR]

 映画『ニューヨーク、アイラブユー』、テレビドラマ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」などで知られるドレアは消火活動の様子を自身のInstagramに掲載。「22年もの間、わたしのニューヨークのアパートがあった場所に穴が開いている。123セカンド・アベニュー、安らかに」と書いている。

 その後も、「ニューヨーク消防隊がわたしとみんなのアパートの火事を消そうとしてくれている。言葉がないわ」と続け、ケガを負った人たちのために祈っていると書いている。

 E! Onlineによると、ドレアのほかにもファッションデザイナーのシャルロット・ロンソンもこの事故でアパートを失ったと報じている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]