「ティファニーで朝食を」トルーマン・カポーティ原作「冷血」テレビシリーズ化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「冷血」の原作者、故トルーマン・カポーティさん - Evening Standard / Getty Images

 映画『ティファニーで朝食を』の原作者トルーマン・カポーティさんの1966年の作品「冷血」のテレビシリーズ化権を、ワインスタイン・カンパニーが取得した。The Hollywood Reporterほか複数のメディアが報じている。

【写真】故フィリップ・シーモア・ホフマンさんが熱演!『カポーティ』ギャラリー

 本作は、ゲイリー・オールドマンと映画『裏切りのサーカス』のダグラス・アーバンスキーの制作会社フライング・スタジオズが企画を持ちかけ、ワインスタイン・カンパニーのもとテレビシリーズ化が進められている作品。脚本は映画『ジェイン・オースティン 秘められた恋』のケヴィン・フッドが執筆することになっている。

[PR]

 原作「冷血」は、カンザス州にある農場主の一家4人が殺害される事件が起き、警察の捜査で2人の若者が犯人として捕らえられ、彼らは育った環境と犯行動機を徐々に語り始めるという内容。

 過去には同原作を基に、1967年にリチャード・ブルックス監督、ロバート・ブレイク主演で映画化されている。また、同原作をカポーティさんが執筆する過程を描いたものが、故フィリップ・シーモア・ホフマンさん主演の映画『カポーティ』だ。

 今のところ、テレビ会社との契約は成立していないが、現在でも評価の高い作品であるため、すぐにテレビ会社が決まると予想される。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]