『ワイルド・スピード SKY MISSION』のスタント25名、クレジットに含まれず憤慨

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ワイルド・スピード SKY MISSION』 - Tibrina Hobson / Getty Images

 世界中で大ヒットを飛ばしている映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のスタントマンたちが、エンドクレジットに名前がなかったと憤慨しているという。

【動画】この迫力はスタントのおかげ!?『ワイルド・スピード SKY MISSION』

 TMZ.comによると、山でのロードチェイスや車をパラシュートで降下させたシーンなどを担当したセカンドユニット(B班)のスタントマン25名の名前がエンドクレジットから抜けていたとのこと。

[PR]

 今回の映画でミシェル・ロドリゲスの運転スタントを担当し、ほかにも数々の映画でスタントウーマンとして活躍をしてきたデビー・エヴァンスによると、セカンドユニットの名前を抜かされたことは過去にもあるそう。ただ、今回は無視されるには仕事が大きすぎたようだ。

 「試写のときに気付かなかったのか」との問いに彼女は、25名のスタントマンは試写にもプレミアにも招待されておらず、劇場に観に行くまで自分たちの名前がないことを知らなかったそう。組合にも掛け合ったらしいが、クレジットに載せられる人数が決まっているそうで、セカンドユニットまで含めることはできなかったと言われたという。

 この件についてインタビューを受けたミシェルは、彼らの次の仕事につながる大事なことだから、スタントマンたちの名前もきちんと含めるべきだと言っている。ユニバーサル側は調査中だとコメントしたという。(澤田理沙)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]