草なぎ剛&香取慎吾、2人芝居で互いの素を再発見

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 SMAPの草なぎ剛香取慎吾が29日、パルコ劇場で上演する三谷幸喜書下ろしの二人芝居「burst! ~危険なふたり」の開幕直前囲み取材に出席。けいこを通して再発見したというお互いの一面を語ったほか、草なぎは「とてもいろいろなことをやっているので、舞台は何度か経験しているけど一番楽しくてスリリングな舞台になっています」とアピールした。

 同舞台の内容は現時点ではシークレットながら、三谷が演出、出演者は草なぎと香取のみという異色作。取材にはお揃いの赤いネグリジェのような舞台衣装で登場し、草なぎは「2人で舞台をやりたいと10代の頃から言っていたので、20年越しくらいの夢がかなったということで。随分時間が経ってしまったけど、このタイミングで慎吾と同じ舞台にたてることは本当に幸せです」と喜びを語った。

 多忙な3人だけにけいこはわずか2週間と短期間だったというが、草なぎは「これは僕と慎吾じゃないとできない舞台というか、それを三谷さんが意識して書いてくださって。こんな短い時間で舞台が成立するのは長い間一緒にいた二人だからだと思います」と手応えも実感。

[PR]

 けいこでは互いに再発見する部分もあったとそうで、香取が「酵素のジュースを飲んだりスッポンのスープをボトルに入れていたり、『これは喉にいいからなめなさい』って飴をくれたり、大御所の女優さんみたい」と体調管理を怠らない草なぎの一面をユーモアを交えて明かすと、草なぎも「今回慎吾にしては珍しく三谷さんの話を一語一句逃さないようにメモを取っていました。しかも、そのペンが20万くらいして」とぶっちゃけつつ述懐。

 香取が「そんなところいらないよ」と20万円の箇所に反応しつつ、「毎日1日10ページも覚えることがあったので」とハードなけいこに触れると、草なぎも「今まで慎吾が一番追い込まれていたかもしれない」と香取の必死な姿を称えていた。(中村好伸)

舞台「burst! ~危険なふたり」は2015年4月29日より6月2日までパルコ劇場にて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]