涙こらえ…八千草薫、中みね子監督“奇跡”の映画初日に感無量

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
中みね子監督、風間トオル、八千草薫、岸部一徳、六平直政

 女優の八千草薫中みね子監督が23日、神保町の岩波ホールで行われた『ゆずり葉の頃』初日舞台あいさつに来場、映画の完成に感無量の表情を見せた。この日は、風間トオル岸部一徳六平直政も登壇した。

八千草薫が劇場を笑いで包む…フォトギャラリー

 数々の名作を発表した岡本喜八監督の逝去から10年。プロデューサーとして、妻として、公私にわたって岡本監督を支えてきた中監督が、76歳(撮影時)にして初メガホンを取った本作。過去を封印して生きてきた女性(八千草)が繰り広げる、思い出の絵を捜す旅を通して人生を見つめ直すさまを描き出す。

[PR]

 満員の客席を見渡した八千草は、緊張気味に「こんなにたくさんの皆さまに来ていただいてうれしいです。昔は初日といっても、こういう舞台あいさつはなくて、初日は後ろの方でひっそりとドキドキしながら観たものです。こういうふうに皆さまの前でお話しするのは恥ずかしい気持ちです」とあいさつ。

 一方の中監督は涙をこらえながら、「胸がいっぱいです。ありがとうございます。映画というものはお客さまがいて完成するもの。これ以上話しますと涙が出てきてしまいます。皆さまに感謝しています」と語った。さらに岸部も「この映画は僕にとっても特別な映画。中監督が映画を監督すると聞いてうれしかったです」と切り出すと、「それから特別なことはもうひとつ。この岩波ホールというのは俳優にとってステータスの場所。この劇場で映画が公開されるのもうれしいことです」と笑顔を見せた。

 「いろいろな意味で手作りの映画」と切り出した八千草が、「本当に映画になるのかしらと思うくらいに心配してしまいました。でもこの映画は詩的で、古風というよりもモダンで。映像も音楽も素晴らしくて。こんなに素晴らしい映画になっていると思いませんでした」という正直な言葉に、会場は大爆笑。

 中監督は「映画ができたのは奇跡。八千草さんと、どうしてできたんだろうね、とそんな感じですね。たぶん天上から、谷口師匠(八千草の亡き夫・谷口千吉監督)とか喜八さんとか、亡くなった仲間たちが『やっちゃったんならしょうがない』と。天上から(種から発芽するように水を)まいてくれたんじゃないかと思って感謝しております」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ゆずり葉の頃』は岩波ホールほかにて全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]