関根勤の初監督作に出演者「くだらない映画」と連発

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
私立恵比寿中学・廣田あいか、“オヤジたち”をずっこけさせた…

 タレントの関根勤が初めてメガホンを取った映画『騒音』の初日舞台あいさつが23日、シネマート新宿で行われ、温水洋一村松利史飯尾和樹岩井ジョニ男酒井敏也廣田あいか私立恵比寿中学)が登壇。芸人の関根らしいやり取りで場内を沸かせた。

【写真】廣田あいか、オヤジたちがかわいい…

 5人の中年男が、突如現れた謎の地底人と戦う姿を描く本作。大勢の観客で埋まった会場内を見渡した関根監督は「(同日公開の映画)『イニシエーション・ラブ』もあるのに、こちらに足を運んでいただいて本当にうれしいですね」と切り出すと、「初日の心境としては、幼稚園の息子の入園式みたいな感じ。先生とうまくやってくれるかな、この映画はお客さんとうまくやってくれるかなという気分」と独特の表現であいさつした。

[PR]

 そして、村松が「くだらない映画は僕も大好きなんですが、想像以上にくだらなくて、あきれるかもしれない。けど、それもこの映画の個性というか……」とコメントすると、突如、関根が「くだらないですよぉ!」と村松のものまねを開始。それを見た村松が「関根さんが僕のものまねをやってくれるようなんですけど、似ているとは思えないんですよぉ!」。すかさず関根が「そっくりだよぉ!」とものまねで返答。その“くだらない”やりとりに場内は拍手喝采。

 そんな中、なぜか酒井にだけ「敏也!」と男性客から声援が。その様子に関根も「酒井さんはすごい。集客力がある」と満足げな表情。だが酒井は、なぜか消え入りそうな声で「バカバカしくて、くっだらない映画ですけど大好きです。すみません……」とコメントすると、「先週、浅草を歩いていたら、一般の方から温水さんって声を掛けられたんです。この映画が上映されることによって、違いがわかってもらえるかも」とつぶやいていた。

 個性豊かな“オヤジたち”を見守っていた廣田は「一番すごいなと思ったのが、映画を観ていくにつれて、どんどんオヤジたちがかわいく見えてくるところ。一生懸命やっている姿がかわいくて。がんばれと思った」とオヤジたちを喜ばせたが、最後に「最初はなんとも思っていなかったですけどね」と付け加え、登壇者全員をずっこけさせていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『騒音』はシネマート新宿ほか全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]