リュック・ベッソン、次作はSF!60年代の仏グラフィックノベルを映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
脚本も書くよ! リュック・ベッソン監督 - Elisabetta A. Villa / WireImage / Getty Images

 映画『フィフス・エレメント』や『LUCY/ルーシー』のリュック・ベッソン監督が、次回作について自らのツイッターで明かした。

【動画】リュック・ベッソン製作・脚本『96時間/レクイエム』

 次回作のタイトルは、『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題) / Valerian and the City of a Thousand Planets』。Deadlineによると、1967年にフランスで発表されたグラフィックノベル「ヴァレリアン・アンド・ロールリンヌ(英題) / Valerian and Laureline」の映画化作品だという。28世紀の未来を舞台に、ヴァレリアンとロールリンヌという時空を超える2人のエージェントが、地球と近隣の惑星を悪から守るというもの。ヴァレリアンは『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンが、ロールリンヌは『アンナ・カレーニナ』のカーラ・デルヴィーニュが演じる。

 ベッソン監督はメガホンを取るだけでなく、脚本も手掛けるとのこと。撮影は今年12月から開始され、世界的な公開日は2017年の7月21日を予定している。(鯨岡孝子)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]