おのののか、先輩・菜々緒へのリスペクト 女優業であらためて実感

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本格的な映画デビューを果たしたおのののか

 タレントのおのののか(23)が、人気ホラー映画『呪怨』シリーズの完結編『呪怨 -ザ・ファイナル-』で初の本格的な映画出演を果たした。しかも、主演の平愛梨に続き、物語の鍵を握る重要な役どころだ。“美人すぎるビールの売り子”として注目を浴び、バラエティー番組で引っ張りだこのおのが、本作を撮り終えた心境や、現在の事務所に入るきっかけになったという憧れの先輩・菜々緒について語った。

おのののかの制服姿!フォトギャラリー

 おのが演じるのは、母親を亡くした親戚の少年・俊雄を引き取ったことから、徐々に不可解な現象に巻き込まれていく女子高生・玲央(れお)。おのは「最初に台本を見たときは、物語の中心人物の一人だったので、『こんな大役、わたしにできるのかな……』って不安でいっぱいだった」と述懐。23歳にして制服姿を披露することも不安だったといい、「撮影前はホットヨガやマッサージでフェイスリフトアップをして、撮影中は女子高生に成り切るためにお酒をやめ、メイクも普段より薄めにしました」と裏話を明かした。

[PR]

 ところがフタを開けてみれば、不安をよそに落合正幸監督からは「恐怖を伝える眼力が圧倒的」と絶賛の言葉が。これに対しておのは、「監督に本読みから細かくご指導していただいたたまものです」と感謝しきり。さらに、「あるバラエティー番組で、霊が出るといううわさのお化け屋敷に行き、(霊に)背中を触られたのですが、そのときの経験が生きているのかも。定点カメラにも手が映っていましたが、あれは本当に怖かった」と振り返り、「不思議とその番組から心霊にまつわるお仕事が増えて、『呪怨』につながったのかも」と恐怖の連鎖にも感謝(?)した。

 また、モデル・女優として活躍する菜々緒に憧れて、現在の事務所に入ったというおのは今回、本格的な映画出演を経験し、あらためて菜々緒をリスペクトしたという。「例えば悪女役で、観ている人をムカッとさせちゃう菜々緒さんってすごい。これくらい役に成り切れたらかっこいいな」と尊敬のまなざしを向け、女優業への意欲をチラリ。「バラエティーでは『明るい自分しか見せちゃいけない』という意識でやっていますが、『呪怨』では視線で恐怖を表現したり、パニックになって感情を爆発させたり……いつもと違うわたしの一面を見ていただければ」とアピールした。(取材:坂田正樹)

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』は6月20日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]