『テス』のナスターシャ・キンスキー、世界的功績賞を受賞へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同映画祭で演技の授業も行うナスターシャ・キンスキー - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 ロマン・ポランスキーフランシス・フォード・コッポラデヴィッド・リンチヴィム・ヴェンダースなど、名だたる監督の作品に出演してきた女優のナスターシャ・キンスキーが、来月、トランシルバニア国際映画祭で世界的功績賞を受賞することになった。

ナスターシャ・キンスキー出演『フォルテ』シーン写真

 ナスターシャは1978年の映画『今のままでいて』でマルチェロ・マストロヤンニ演じる妻子持ちの中年男性とのロマンスを楽しむ16歳の少女を演じ、翌年にはトーマス・ハーディ原作の小説を映画化したポランスキー監督の『テス』でゴールデン・グローブ賞新人女優賞を受賞。世界的に有名な女優として知られるようになった。

 ナスターシャは映画祭で演技の授業を行うほか、カルト映画『パリ、テキサス』の試写にも参加し、最終日の6月6日(現地時間)に世界的功績賞を受け取ることになっている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]