「白バイ野郎ジョン&パンチ」映画版 悪役はヴィンセント・ドノフリオに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴィンセント・ドノフリオ - Michael Tullberg / Getty Images

 映画『HIT & RUN』のダックス・シェパードが監督、主演を務める「白バイ野郎ジョン&パンチ」の映画版の悪役がヴィンセント・ドノフリオに決まったと The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】ヴィンセント・ドノフリオ出演!『ジュラシック・ワールド』第2弾予告編

 「白バイ野郎ジョン&パンチ」は1970年代に大ヒットしたカリフォルニア・ハイウェイパトロールの白バイ警官コンビ、ジョン・ベイカーとフランシス・パンチョレロの活躍と友情を描いたドラマ。

[PR]

 映画版ではダックスがジョンを演じ、映画『エンド・オブ・ウォッチ』のマイケル・ペ-ニャがパンチを演じることになっている。詳細は明かされていないが、珍しい車をターゲットにした自動車窃盗団のストーリーになるらしい。ヴィンセントは元警官で窃盗団のトップを演じるとのこと。

 映画版のプロデューサーは『HIT & RUN』のアンドリュー・パネイ。ダックスは監督を務めるほか、脚本の執筆にも手を貸すようだ。

 ヴィンセントは「LAW & ORDER クリミナル・インテント」に第1シーズンからシリーズ終了の第10シーズンまで出演していた。最近では映画『ジュラシック・ワールド』に出演しているほか、Netflixで配信されるマーベルコミックスの「デアデビル」のテレビ版で悪役キングピン/ウィルソン・フィスクを演じている。(澤田理沙)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]