『攻殻機動隊』声優初挑戦のEXILE・NAOTO、参加シーンカットに驚く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
EXILE・NAOTOら『攻殻機動隊』チーム

 EXILE三代目J Soul BrothersNAOTOが9日、新宿バルト9で行われた『攻殻機動隊 新劇場版』完成披露試写会に来場。自身が声優を務めるシーンがカットされたと知り、驚く一幕があった。この日は声優の坂本真綾黄瀬和哉総監督、脚本家の冲方丁らスタッフ・キャスト陣も来場した。

【写真】三代目J Soul Brothers・NAOTO登壇!

 士郎正宗が発表したSFコミックを基にした本作。NAOTOが声優を担当するのは、首相補佐官・藤本修。ヒロインの草薙素子に特務権限を与え、攻殻機動隊部隊設立に寄与するというキーパーソンだ。壇上に立ったNAOTOは「まさか声優初挑戦がこの歴史ある作品なんて。リトルリーグの選手が大リーグで投げさせてもらうようなものですが、本当に大好きな作品なのでうれしいです」と笑顔で切り出すと、主人公の素子について「仕事でも頼れるし、セクシーだし、上司にしたいナンバーワンの女性ですね」と明かした。

[PR]

 「(劇中で藤本は、素子を食事に誘うも)ほぼ確実にフラれていますよね」とする司会者からの指摘にも「僕はそう思ってはいない」と前向きなNAOTO。それに対して坂本の見解は「すごく親切にお断りしたと思ったんですが……」。それを受けた脚本家の冲方が「実は藤本さんが素子に食らいついて、素子も1回(食事に行く)くらいだったら……という態度をとるところを書いたんだけど、黄瀬さんと野村監督がバッサリ」と幻のシーンの存在を明かすと、野村和也監督は「他に見せなくてはいけないところがたくさんあったので……、すみません」とNAOTOに謝罪し、会場は大爆笑。それにはNAOTOも「それは同感でございます」と理解を示していた。

 一方、主人公・草薙素子の声を担当する坂本は「アフレコが終わった時、わたしたちの任務は終わったんだという達成感がありました。(劇中には)桜が舞い散るシーンがありましたが、アフレコの日も桜満開で。桜並木を歩いていると、終わったことを実感しました」と晴れやかな笑顔。

 最後に「初めてのアフレコの日に黄瀬さんが、皆さんはわたしがオーディションで選んだ人たちなので、自由にやってください。僕が責任をとります、と。そこから始まったアフレコは生涯忘れられません。そのような監督のもとで(ここまで)駆け抜けてきました」と付け加えると、会場からは万雷の拍手が湧き起こった。(取材・文:壬生智裕)

『攻殻機動隊 新劇場版』は6月20日から劇場公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]