娘ケイト・ハドソンは死んだも同然…実父が縁切り発言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実父からの絶縁宣言… ケイト・ハドソン

 ケイト・ハドソンオリヴァー・ハドソンの実父で俳優のビル・ハドソンが、彼らにハドソンの姓を名乗るなとコメントをした。

【動画】ケイト・ハドソン出演『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』

 事の発端は父の日に、オリヴァーがビルとケイトと自分が写った昔の写真をSNSに投稿し、「育児放棄の日おめでとう」と発信したことだった。

[PR]

 「彼らに言おう。君たちは自由の身だ。僕には5人の子供がいたが、今では3人だと思っている。オリヴァーとケイトは実子だとは思っていない。彼らにはハドソンの姓を名乗ってほしくない。もう僕の人生とは関わり合いのない者たちだ。オリヴァーのInstagramの投稿は悪意のある、意地の悪い、意図的な攻撃だった。彼は死んだも同然だ。ケイトも同様だ。まだ生きている彼らを失ったことを残念に思うよ」とビルはコメントしている。

 ビルはケイトとオリヴァーの母親であるゴールディ・ホーンと4年の結婚生活の末、1980年に離婚しているが、険悪な状態で別れたわけではなかったという。しかし、1983年にゴールディがカート・ラッセルと一緒になってから事態は悪化したらしい。

 「僕らが別れた後、彼女は僕の悪口を言ったことはなかった。でもカートの出現で彼女の態度は変わり、僕は悪者扱いされるようになったんだ。僕は『ゴールディ、なぜ僕を不在の父親呼ばわりする? そんなのはウソじゃないか』というと彼女は笑いながら、『だってビル、その方が聞こえがいいんだもの』と言っていたよ」とビルは Mail on Sunday 紙に語っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]