『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック役の猿、スタッフを襲う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バルボッサの相棒猿ジャック(画像はイメージ) - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テールズ(原題) / Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』の撮影で使われている猿がメイクアップアーティストの耳をかむ事件があったと Daily Mail Online などが報じた。

【写真】『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』ギャラリー

 同映画は、オーストラリアのビレッジ・ロードショー・スタジオで撮影を行っており、事件を起こした猿はバルボッサが飼っているジャック役のオマキザルとのこと。この猿がほかの作品を撮影中の隣接するスタジオに入り込み、座っていた女性メイクアップアーティストの耳をかんだという。

[PR]

 女性はその場で手当てを受けた後、外来病の感染を調べるため病院に搬送されたそう。人が猿に襲われたことは当局にもきちんと報告されたらしい。

 動物愛護団体PETAは、CGではなく本物の動物を撮影に使う危険性を訴えている。「わたしたちは今年に入ってから、知能と社交性の高いオマキザルはとても神経質なことで知られ、撮影現場などではすぐにストレス状態に陥ると、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマー監督に書面で伝えました。明るい照明、周囲に自然がないこと、大きな音、人との接触、これらは自然界の猿が避けることです。自分の身を守るために攻撃的になってもおかしくありません」とコメントしている。

 また、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』や『ジュラシック・ワールド』を見れば、動物をストレスの多い状況下に置かずとも、素晴らしいCGで大ヒットは望めると付け加えている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]