大島優子、ロマンスカーのアテンダント姿を披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇中で着用した制服姿で登場した大島優子

 元AKB48で女優の大島優子が15日、小田急電鉄喜多見電車基地で行われた映画『ロマンス』のイベントに大倉孝二タナダユキ監督と出席した。本作で特急ロマンスカーのアテンダントとして働く主人公を演じた大島は、劇中で着用した制服姿で登場し、車内アナウンスを披露して会場を沸かせた。

映画『ロマンス』イベント 写真ギャラリー

 本作は、箱根の景勝地を舞台にした、たった1日の出会いと別れを描いた小さな旅の物語。小田急グループの全面協力のもと、ロマンスカー車内や駅構内での撮影が実現した。

[PR]

 この日、「皆さま、本日は小田急ロマンスカーをご利用くださいまして、ありがとうございます」と板についた車内アナウンスを披露した大島。撮影以来の制服姿には「久しぶりなので、背筋がシャキッとします。(劇中で演じた)鉢子に戻ったような居心地の良さを感じます」と笑顔を見せた。

 また、箱根での撮影では「映画ではわからないと思いますが、実はものすごく天気悪かった。どこも雨でした」と明かす大島。大倉が「大島さんは本当に『クソ雨女』」というように、これは大島が“原因”だったようで、タナダ監督も「(それまで)晴れていたのに、大島さんがバスから降りたら雨粒が降ってきた」と暴露。大島はそんな苦言にも「今日はピーカンですから」と答えて会場を笑わせていた。(取材・文:嶋田真己)

映画『ロマンス』は8月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]