ディズニーが『王さまの剣』を実写映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主人公ワート役は誰に!? - Walt Disney Productions / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ディズニーがアニメーション映画『王さまの剣』(1963)の実写映画化企画を進めていると The Hollywood Reporter が報じた。

 脚本を手掛けるのは、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライアン・コグマン。映画『トゥモローランド』のブリガム・テイラーがプロデューサーを務めるという。テイラーは同じくディズニーアニメーション『ジャングル・ブック』の実写映画製作も進めているとのことだ。

 『王さまの剣』は、ウォルト・ディズニーが亡くなる前に公開された最後の長編アニメーション映画。アーサー王伝説が題材になっており、少年ワートが、ワートに王としての資質を見いだした魔法使いマーリンによる修行で鍛えられていくさまが描かれる。

 ディズニーは自社のアニメーション映画の実写化を積極的に進めている。エマ・ワトソンがヒロイン・ベルを演じる『ビューティー・アンド・ザ・ビースト(原題) / Beauty and the Beast』や、ティム・バートン監督による『ダンボ』、『ピノキオ』などに加え、『シンデレラ』の王子や『ピーター・パン』のティンカー・ベルを、それぞれ主人公にした実写映画も企画されている。(編集部・高橋典子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]