『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ドキュメンタリー、映画で描かれた“未来”2015年10月21日に米で公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』より - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが世界中の人々に与えた影響を映し出すドキュメンタリー『バック・イン・タイム(原題) / Back in Time』の北米配給会社が、グラヴィタス・ヴェンチャーズに正式に決まった。『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(1989)で主人公マーティがたどり着く“未来”である2015年10月21日にアメリカで限定公開される。

【写真】不朽の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ギャラリー

 本作は、ジェイソン・アロン監督が、昨年、クラウドファンディングサイトのKickstarterで製作資金を調達して完成させた作品。キャストやスタッフのインタビューだけでなく、映画内で使用された車型タイムマシンのデロリアンを製造したファンや、ホバーボード(空飛ぶスケートボード)の開発に着手している人など、さまざまなアングルで映画に影響を受けた人々を映し出している。

[PR]

 そしてインタビューには、主人公マーティを演じたマイケル・J・フォックスや母親ロレイン役のリー・トンプソン、天才科学者ドク役のクリストファー・ロイドなどキャスト陣と、製作者スティーヴン・スピルバーグロバート・ゼメキス監督、脚本家ボブ・ゲイル、音楽を担当したアラン・シルヴェストリなどが参加している。さらに、当初主演の予定で、5週間撮影に参加した後に降板したエリック・ストルツの降板劇も描かれているそうだ。

 グラヴィタス・ヴェンチャーズは、ビデオオンデマンド配信やDVD/ブルーレイの発売権も所有している。今年でオリジナル作品の公開から30年がたつが、はたしてどのような作品に仕上がっているのか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]