ローラ、『バイオハザード』最終章への出演決定を報告!ゾンビ役じゃない!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夢がかなった! - ローラ - 画像は2014年10月撮影のもの

 モデル・タレントのローラが21日、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のハリウッド映画『バイオハザード』シリーズ最終章『レジデント・イーヴル:ファイナル・チャプター(原題) / Resident Evil: The Final Chapter』に出演することが決まったと自身のInstagramやTwitterで報告した。

女優風ローラ!フォトギャラリー

 ローラによると、役柄は「戦っていく戦士のとってもかっこいい女性」とのこと。シリーズ第4作『バイオハザード IV アフターライフ』には歌手の中島美嘉がアンデッド(ゾンビ)になってしまうウイルスの第1感染者役で出演しているが、ファンから「かっこいいゾンビ役?」と聞かれたローラは「今回はゾンビ役じゃないの」と返答しており、アンデッドと戦う役をゲットできたようだ。

[PR]

 「ハリウッド映画にでることはわたしの夢で英語も演技もずっと練習をしていたから合格してほんとうにうれしい」と念願かなっての抜てきに大喜びのローラ。「来月からしばらくずっと南アフリカで撮影なの! がんばってくるね」と意気込んでいる。

 『レジデント・イーヴル:ファイナル・チャプター(原題)』は、カプコンの人気ホラーゲームを実写化したサバイバルホラーの最終章。主人公アリス役のミラのほか、ジル・バレンタイン役のシエンナ・ギロリー、クリス・レッドフィールド役のウェントワース・ミラー、クレア・レッドフィールド役のアリ・ラーターらの出演が伝えられている。全米公開は2016年9月2日の予定。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]