杏&長谷川博己「デート」SPドラマで一夜限りの復活!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)杏、長谷川博己、芦名星

 今年1月期にフジテレビ系で放送された長谷川博己共演の月9ドラマ「デート ~恋とはどんなものかしら~」が9月28日(月)に、「デート ~恋とはどんなものかしら~ 2015夏 秘湯」(同局・午後9時~11時18分)として約半年ぶり一夜限りの復活を果たすことが明らかになった。

【写真】杏、“激似”子役とツーショット

 本ドラマは、いつの頃からか「人生に恋愛は不要だ」と考えるようになった恋愛力ゼロで恋愛不適合者の杏演じる依子と長谷川演じる巧が、それぞれのやむにやまれぬ事情から結婚を目指すことになり、一切の恋愛感情を持たぬまま、日々つたないデートを積み重ねていく姿を描いたロマンチックコメディー。依子の独特なアヒル口や、ニートの巧が自称する「高等遊民」という言葉も話題になった。

[PR]

 今回のスペシャルドラマでは、順調に交際を続けていた二人のデートも35回目を迎え、結婚に向けた“契約書”も完成しつつあった頃、依子が勤務先の女性職員たちの「結婚前に半同棲をしておくべき」という会話を耳にする。依子は契約書通りの生活を実際に送れるかどうかを試すために、半同棲をすることを巧に提案。二人は依子の部屋で半同棲をすることになるが、巧の前に理想のタイプの女性(芦名星)が現れ……。

 国仲涼子中島裕翔Hey! Say! JUMP)、和久井映見風吹ジュン松重豊らレギュラーキャストも勢ぞろい。タイトルにある「秘湯」は、物語の終盤で登場人物たちが訪れる修善寺の温泉を意味する。この秘湯を舞台に、物語はどのようなクライマックスを迎えるのか? 杏は「今回の台本を読んでみて、本当に“お祭り”のような、“ファン感謝祭”のような感じの内容で、これでまたみんなと時間を共有できると思うと楽しみですね」と喜びを語っている。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]